CUPNOODLES MUSEUM

English中文한국어
カップヌードルミュージアムについて
展示 / アトラクション紹介
ご利用案内
ニュース&トピックス
本日は閉館しました
明日の開館時間
10:00~18:00

カップヌードルミュージアムイメージ

Creative Thinking

ここは、子どもたちひとりひとりの中にある創造力や探究心の芽を吹かせ、豊かに育てるための体験型ミュージアム。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、地球の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福の「クリエイティブシンキング=創造的思考」を数々の展示を通じて体感することが出来ます。見て、さわって、遊んで、食べて、楽しみながら発明・発見のヒントを学び取り、自分だけのクリエイティブシンキングを見つけてください。

安藤百福 〜インスタントラーメンの父〜

Creating Food to Serve Society

人生すべてを新しい“食”の創造に捧げた安藤百福。96年間の生涯を通じて持ち続けたのは、「クリエイティブな発想」と「最後まであきらめない執念」でした。

安藤百福

第1の発明 「チキンラーメン」 (1958年)

第1の発明 「チキンラーメン」 (1958年)

大阪・池田市の自宅裏庭に建てた小屋で、“お湯があれば、家庭ですぐ食べられるラーメン”の開発を始めた安藤百福。1日平均4時間という短い睡眠時間で丸1年間、1日の休みもなく、たった1人で研究を続けました。さまざまな試行錯誤の末に誕生した「チキンラーメン」は《魔法のラーメン》と評判になり、またたく間に爆発的な人気を集めました。

第2の発明 「カップヌードル」 (1971年)

第2の発明 「カップヌードル」 (1971年)

アメリカへ視察に出かけた時のこと。スーパーの担当者たちは、「チキンラーメン」を小さく割ってカップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めました。インスタントラーメンを世界に広めるためのカギは、食習慣の壁を超えることにあると気づいた安藤百福。様々な知恵と革新的な発想を結集した「カップヌードル」が誕生したことにより、日本で生まれたインスタントラーメンが「世界食」に生まれ変わりました。

第3の発明 「スペース・ラム」 (2005年)

第3の発明 「スペース・ラム」 (2005年)

「宇宙食を開発したい」…安藤百福が抱いていた夢の実現にむけて、開発が始まった宇宙食ラーメン「スペース・ラム」。無重力状態で食べるための様々な工夫が加えられた一方で、その基礎となったのは、1958年に自らが発明した技術「瞬間油熱乾燥法」でした。安藤の創造的思考は、時を超えて宇宙空間でも人類の“食”を支えることになったのです。

安藤 百福 (あんどう ももふく)  [1910〜2007]
1910年3月5日生まれ。日清食品創業者。安藤スポーツ・食文化振興財団創設者。
1958年、世界初のインスタントラーメン“チキンラーメン”を発明し、インスタントラーメン産業を創出。1971年、世界初のカップめん“カップヌードル”を発明。日清食品(株)の代表取締役社長、会長を務めるとともに、(社)日本即席食品工業協会会長、世界ラーメン協会会長として業界の発展に努めました。1983年、私財を投じて(財)安藤スポーツ・食文化振興財団を設立し、青少年の健全な育成にも力を注ぎました。

カップヌードルミュージアム コンセプト

CUPNOODLES MUSEUM

人類と食の関係に、大きな進化をもたらした安藤百福氏の卓越した「発想力」や「ベンチャーマインド」とは、まさにこれからの時代に求められる創造的思考。新たに「カップヌードルミュージアム」を設立するにあたり、「創造的思考=クリエイティブシンキング」をコンセプトに据えました。
日本はもちろんアジア各国からも大勢のお子さんが来場されるこのミュージアムでの体験を通して、ぜひ百福氏の生涯を貫くクリエイティブシンキングマインドに触れ、その芽を刺激するきっかけとなればという思いで施設全体の設計を考えています。ミュージアムのロゴはカップヌードルのパッケージデザインからインスピレーションを得て「!」マークを3つ重ねました。発明や発見の楽しさ、食の大切さ、夢をもって自分で考えることの楽しさなど、様々な「!」との出会いが、このミュージアムでありますようにとの願いを込めています。

佐藤可士和

総合プロデュース
佐藤 可士和 (さとう かしわ)  アートディレクター / クリエイティブディレクター
博報堂を経て「サムライ」設立。ユニクロのグローバルブランド戦略のクリエイティブディレクション、楽天グループ、グローブライド (旧ダイワ精工)、LISSAGEのCIからブランディング、国立新美術館のVIとサイン計画、スマップのアートワーク、キリンラガービールのパッケージデザインと広告キャンペーンから、幼稚園や大学、病院のプロデュースまで、進化する視点と強力なビジュアル開発力によるトータルなクリエイションは多方面より高い評価を得ている。東京ADCグランプリ、毎日デザイン賞ほか多数受賞。明治学院大学、多摩美術大学客員教授。著書に『佐藤可士和の超整理術』(日本経済新聞出版社) ほか

上にもどる